第6回研究会(2018/2/13 )

日時:2018年2月13日
場所:筑波大学 計算科学研究センター ワークショップ室 
内容:スポーツ情報処理、企画セッション

(1)横井真也・石川孝明・渡辺 裕(早大)「バッティングにおけるスイング解析による成績予測」
(2)Cesar Daniel Rojas Ferrer・Itaru Kitahara・Yoshinari Kameda(Univ. of Tsukuba)「Training soccer players' ability to READ-THE-GAME in full-body immersive VR」
(3)野原直翔・北原 格・亀田能成(筑波大)「投球映像中のボール握りの違いによる球種識別の検討」
(4)今井美里・北原 格・亀田能成(筑波大)「スキーシミュレータにおける臨場感と風の関係」
(5)[パネル講演] NHK技研(池谷)、KDDI(三功)、中京テレビ(川本)、NTT/慶應大(三上)、電駆ビジョン(坂本)、筑波大(北原)「多視点スポーツ映像メディアの最前線」
(6)エンパワースタジオ見学会
(7)筑波大学体育R&D施設見学会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です