冬季大会シンポジウム (2016/12/22)

シンポジウム:スポーツ技能向上に向けた技術開発動向
日時:2016年12月22日 
場所:東京理科大学森戸記念館 
内容:当学会において今年度発足したスポーツ情報処理時限研究会は年次大会において「映像情報を用いた物体追跡技術の最前線とスポーツ科学への応用動向」をテーマに会誌と連動したシンポジウム企画を開催し、好評を博しました。今回の冬季大会では「スポーツ技能向上に向けた技術開発動向」をテーマに、サッカーや野球、卓球、水泳への実際の応用例やスポーツ解析に有用となる超高精細動画像など、さまざまな観点からの6件のシンポジウム講演を行います。また、シンポジウムに先立ちまして、関連する技術の展示を行います. 

S2-1 誉田雅彰(早稲田大学)「センシング技術を用いたスポーツ情報処理」 
S2-2 中村暢也(データスタジアム)スポーツ現場におけるデータ活用
S2-3 仁科有貴(オムロン)「卓球ロボットを実現する情報処理技術~画像処理から人工知能まで~」
S2-4 三上弾(NTT研究所)VR環境での事前体験によるスポーツパフォーマンス向上の取り組み
S2-5 Magnus Kjellberg(日本水泳チーム テクニカルアナリスト)「The role of video-technology in top athlete support - the case of Team Japan Swimming Success at the 2016 Rio Olympic Games」
S2-6 角田貢(日体大)「スポーツの超高精細動画像の標準化とその応用その2~競技スポーツのための映像マネージメント~」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です